FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家出少女りなぁ 一人えっちのネタ…でも書こうかなぁ(^<^) 

cross①

小さい頃から愛情というものに飢えていた。

ナニが枯渇していたのか、今となっては持って生まれた性格のせいかとも思うが、真相は薮の中。
どこをどう育ってきたらこんな人間に育つのかと、自分でも不思議でならない。

どうでもいいことなんだけど。
もうすでに側にいない人間など、私には意味も持たず、日々を流れる「風」にしか感じない。
親兄弟であろうとも。

――次発/急行――

あっ、そうそう。
そうゆう感じ。

都心から郊外へ流れるローカル線に乗り込み、携帯電話を取り出してメールボックスをチェックする。

座って帰りたいからって、1駅で折返す電車に乗るなんてセコイけど、そのセコさだって私の一部だ。

夕方受取ったテツヤからのメールをぼんやりと眺めている。

今日は無理。
来週水曜以降で。

短いメールだ。
長い文章を打つ気がないのは昔からで、どうせ身体オンリーの関係なんだから、それ以上を求める気なんてサラサラないのだけど。

いや、ないのか?私。

不思議と淋しい気分になってしまうのは車窓を流れる明かりの間隔が思いのほか開いていたり、隣近所に腰掛ける乗客の表情が今にも自殺を図りそうなくらい疲れて澱んでいるからだろうか。

こんな風に疲れながら帰るのも悪くないと思うのは、みんなどこかしら自分に似ているからだろうと考えてみたりして、シートの端に座って手すりに肘を付くのだ。

今日は無理。
来週水曜以降で。

随分勝手な内容だ、今日にして欲しいと月曜の昼間にメールをよこしたのはテツヤなのに。

2週間セックスしていない。
もう随分と雨があたたかい。

こんな欲望そそる季節にこんな疲れた人々と、自分と、ボロいローカル電車。
たまらずに私は半袖のパーカーのポケットからヘッドホンコードのグルグルと巻かれたアイポッドを取り出した。

初期型だから、ハードディスクみたいにデカくて重い。
こんなの持ってるヤツなんて、この電車の中、私以外にいなさそうなんだけど、そういう「おれまだ頑張れるから」みたいに訴えかけてくる傷だらけになった真鍮の背面が、触れた温度にギャップを感じさせる。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 今夜のおかず - ジャンル : アダルト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。